スポンサーリンク

信頼できる人の見分け方って?その前に知るべきことがあるのでは?

信頼できる人の見分け方 考え方のノウハウ

自分には人を見る目がない・・・

なんて悩んでいませんか?

自分には人を見る目がないので、つい誰でも簡単に信頼してしまい気付くと騙されてしまう。
相手のことを信頼して悩みを打ち明けたことが逆効果になり、その人から敬遠されてしまった。

こういう経験をすると、誰を信頼していいのか分からなくなりますよね?
出来ることなら信頼できる人の見分け方を知りたい、そう思うのも無理はありません。
でもちょっと待ってください。

その前に知っておくべきことがあるんじゃないですか?

というわけで、今回は信頼できる人を見分ける前にあなたが知っておかなければいけないことについて考えていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

信頼できる人と信頼できない人の違いとは

まず、信頼できる人ってどんな人でしょうか?
そして信頼できない人ってどんな人でしょうか?
外見で見分けがつきますか?

見るからに怪しい外見をしていて、中身も外見どおり信頼できない人だったということもありますが、一般的には外見からその人が信頼できるか出来ないかを見極めることは難しいでしょう。

また、こんな話もよく聞きます。

身なりもちゃんとしていたし、いろいろと親身になって自分の話をよく聞いてくれたのでその人を信頼したのに騙された・・・
外見だけではなくその人と接していても、本当にその人が信頼できる人かどうかを見極めるのって難しいんです。

信用詐欺とかって、このパターンですよね?

事ほど左様に、相手が信頼できるかどうかを見極めるのってすごく難しいことなんです。
じゃあどうすれば良いのでしょう?

一般論として信頼できる人と信頼できない人の特徴を見てみましょう。

信頼できない人の一般的な特徴とは

まず、信頼できない人の一般的特徴を挙げてみましょう。

ただしここで挙げている項目に当てはまるから信頼できない人と短絡的に考えないでくださいね。
あくまで一般論として「こういう傾向があるよ」という話であって、当てはまっていても十分に信頼できる人だっていますから。

言っていること、考えに一貫性がない

同じ話でも、話をしている人によって考えを変える人というのは信頼できない傾向があります。
誰からも良い顔されたいとの思いから、平気で自分の考えをコロコロ変える人は、いざというときに平気で人を裏切る可能性があります。

その人がいないところで悪口を言う

これって結構多いと思いますが、その場にいない人の悪口や噂話に花を咲かせる人。
本人には悪気もなければ自覚もないのかもしれませんが、こういう人に対して私が思うのは、私のいないところで私の話を思い切りしているんだろうな、と(笑)

こういうタイプの人に下手にプライベートな相談なんかしてしまうと、一気に拡散してしまう、なんてことがあるかもしれません。

その人の友人が信頼できそうにない

その人自体は見た目にも話をしていても普通なのに、なぜかその人の友達がみんな怪しげ・・・
これは要注意です。
類は友を呼ぶ、といいますからその人にも怪しげなところがある可能性は十分にあります。

何となく違和感を感じる

これが最も信頼できる情報かもしれません、マジで。

その人と接してみて、別段悪い人のようには見えないし話をしていても誠実そうだしいい人だな、と感じるんだけど・・・でもどことなく「違和感」のようなものが・・・

いわゆるあなたの「勘」のようなものですが、これがよく当たるんですよ。
相手がどんなに表面的に繕ってあなたと接していても、相手からにじみ出る「波動」のようなものが必ずあります。

それを感じ取るのがあなたの「違和感」なんです。

目に見えない情報を、理屈ではない部分で感じ取っているので、理論的にどうこう言えるものではありませんが、なんかちょっと・・・違和感。
これを無視すると、後で痛い目を見ることがよくあります(笑)

相手に違和感を感じたら、一線を引いた付き合いをした方が良いかもしれません。

信頼できる人とは

これまで、信頼できない人の一般的な見分け方を4つほど紹介してきました。

では逆に信頼できる人というのはどういう人でしょうか?

端的に言ってしまえば、信頼できない人の特徴の「逆」をいっていれば信頼できます(笑)
つまり、考えが一貫している、他人の悪口を言わない、交友関係もちゃんとしている、変な違和感も感じない、と言う人が信頼できる人です。

これって言い方を変えれば「誠実な人」ですよね。

誠実な人すべてが信頼できるかといえば、必ずしもそうとは言い切れませんが、少なくともひとつの基準にはなるのではないでしょうか?

相手が信頼できるかどうか見分ける前に知っておくべきこと

ここまで、信頼できる人と信頼できない人の見分け方をいくつか紹介してきましたが、ここで今までの内容をすべて無にする暴言を吐きたいと思います。
いいですか、行きますよ、

相手が信頼できるか出来ないかなんて、どうだって良い!

おっと、それを言っちゃダメでしょう、という暴言中の暴言、でました(笑)
でもここがいちばん大事なんですよ。

いいですか?

相手が信頼できようが出来まいが、あなた自身がしっかりしていれば何も問題ないでしょう?
あなた自身が他人から見て「信頼できる人」であることが、実はもっとも大事なことだと思いませんか?

あなたが相手に対して信頼できるかどうかを見極めようとしているのと同じように、相手だってあなたのことを信頼できるかどうか「品定め」していますよ。
考えてみれば、これって当然のことですよね?

いくらあなたが「あいつ信頼できるかな・・・」と見極めようとしていても、あなた自身が相手から「こいつ信頼できそうにないな」と判断されてしまったら、そもそもその人との人間関係は成立しません。

お互いさまなんです。

相手が信頼できる人と判断するのは「誠実な人」でしたよね?
誠実な人というのは、誰に対しても誠実に向き合う人のことです。
誰に対しても誠実ですから、あなたに対しても誠実なんですね。

あなたはどうですか?
誰に対しても誠実に向き合っていますか?

相手が信頼できるかどうかなんて考える以前に、あなたが相手にとって誠実であれ。

このことが何よりも大事だっていうことを、まず知るべきです。

まとめ

今回は、信頼できる人の見分け方について考えてきました。

一般的にどのような人が信頼できるのかを知ることは出来ても、それよりも大事なことがある、という話をしてきました。

あいつ、大丈夫か?

なんて考える前に、あなた自身が「大丈夫」ですか?

タイトルとURLをコピーしました