スポンサーリンク

ストレスを発散しリラックスするのに最もカンタンな方法とは?

ストレス発散する簡単な方法とは 行動ノウハウ

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

あなたはストレスを上手に処理できていますか?

あなたを含め多くの人が過剰なストレスにさらされながら生きています。
そしてストレスによる悪影響が社会問題にまでなっているのが現状です。

現代社会で生きている以上、ストレスから完全に解放されることは不可能ですが、ストレスとうまく付き合っていくことで日々が生きやすくなるのも事実。

今回はストレスについて、その発散のためにヒントを中心に考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそもストレスとは?

私たちが普段、普通に使っているストレスという言葉ですが、そもそもどんな意味なんでしょうか?

ストレスという言葉はもともとは「重圧」とか「ひずみ」という意味で、物質に何かの力がかかった際にその力による歪みのことなんです。

たとえばあなたがボールペンの先を腕に押しつけたとします。
腕はペン先によってへこみ、痛みを感じることでしょう。
このときのボールペンのペン先をストレッサーといい、腕のへこみや痛みをストレス反応と言います。

この例では物理的にわかりやすかったと思いますが、同様のことがあなたの心にも起きています。

例えば、これから出かけるというときに大雨が降ってきたら憂鬱な気持ちになりますよね?
この場合、大雨がストレッサーで憂鬱な気持ちがストレス反応ということになります。

あなたの心にストレス反応を引き起こすストレッサーは、このような物理的なもの以外にも人間関係や仕事上のトラブル、家庭内の不和など社会的・心理的なものもあります。
そして私たちがイメージするストレスの一般的なものは、この社会的・心理的ストレッサーによるものがほとんどではないでしょうか?

ペン先で腕を刺せば、痛みのような「目に見える」ストレス反応が起こりますが、社会的・心理的要因によって引き起こされるストレス反応はこれほどシンプルではありません。

たとえばやる気の低下、不安、気分の落ち込み、イライラなどの心理的反応。
また動悸や息切れ、肩こり、腰痛、頭痛、胃痛、食欲不振などの身体的反応。
さらに集中力の低下、飲酒や喫煙の増加などの行動的反応など多岐にわたります。

こうした状態が続くと、鬱(うつ)になってしまうこともあり深刻です。

上手にストレスと付き合うためにはどうすれば良いのか?

さて、社会的・心理的要因によるストレスを軽減するのは結構たいへんです。

なぜなら、いくつもの要因が複雑に絡み合ってあなたの心に影響しているからです。
腕に刺さったボールペンの傷みはペンを腕から離せば消失します。
これは痛みの原因がはっきりしているからですね。

しかし社会的・心理的要因によるストレス反応は「何かひとつの出来ごと」によってのみ引き起こされているわけではありません。
いくつもの出来事は絡み合い、あなたの心に深く突き刺さってしまっているのが一般的です。

ですから何かひとつの要因だけを取り除いただけでは解決しないケースがほとんどです。

さらに悪いことに、そもそもあなたの心に影響している過剰なストレス反応の原因が特定できない場合も多いんです。
こうなると、何をどうすれば良いのか分かりませんよね・・・

ストレスの原因を追及しても意味がない

実はこの「原因となるストレッサーが明確に特定できない」ことが社会的・心理的ストレスを軽減するのが難しい理由のひとつなんです。

逆をいえば、ストレッサーを特定してその影響を取り除いても他のストレッサーが存在する限りあなたのストレス反応はなかなか軽減されません。
つまりストレッサーをひとつずつ除去していくという方法はとても効率の悪い方法といわざるを得ないんです。

じゃあどうすれば良いの?

ご安心ください。
実はストレス反応の軽減はストレッサーを特定しなくても可能なんです。
というよりストレッサーを意識する必要はないんです。

これからその方法についていくつか紹介していきますね。

誰にでもできるストレス発散法とは

これからストレスの発散方法をいくつか紹介していきますが、全てを取り入れる必要はありません。

気楽に「自分でも出来そう」と思えるものから初めてみてくださいね。

楽しいことを考える

まずは最も簡単な方法から。

楽しいことを考えてニコニコする、という方法です。
たとえば仲のよい友人と旅行に行く計画を考えるとか、美味しいレストランで優雅なランチを食べることを想像してみたりとか・・・

実際に旅行やレストランに行かなくても良いんです。
行く想定で、その時のことを想像してみるだけで良いんです。
どうですか?少しは楽しい気分になりましたか?

こうした「楽しいこと」を考えているときにはストレスにさらされていた心が楽しいことの方に向きますので、辛さは若干和らぎます。

身体を動かす

次は身体を使う方法です。

マシンを使った筋トレとかでなくて良いですからね(笑)
ジョギングとか散歩とかでもOKですし、ストレッチなんかでも良いです。
特に散歩は周りの風景を見ながらゆっくりと歩くことで、心も体もリラックスしてくるのでオススメです。

思いきり笑う

笑うことでストレスが軽減されるというのは有名ですよね?

お笑い番組を見て捩れまくったり、コメディ映画を見て笑い転げたり・・・
楽しい思いができておまけにストレス発散にもなるのが笑いです。
また友人と会って昔話でもしながら大笑いするのも良いですね(笑)

ボディワーク

スポーツではなく、ヨガや瞑想などのワークはとても効果的です。

特に瞑想は静かな環境で自分自身と対峙することで、深い癒しと安らぎを得ることが出来ます。
瞑想にも多くの種類がありますが、誰にでも手軽に出来て効果も絶大なのは「ヘミシンク」を使った音声ガイダンスによる誘導瞑想でしょう。

瞑想によって本当の自分自身を知ることで、心穏やかに日々を過ごせるようになるでしょう。

まとめ

今回はストレスを簡単に、しかも上手に発散するための方法を紹介しました。

今回紹介した方法はどれも「ストレス」にさらされて心身ともに参っている自分自身の心を癒やす効果が期待できるものばかりです。
手軽なとこ路肩試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました